2017年6月20日火曜日

オムライスのおにぎりってどうよ!ふんわり玉子のオムライス:セブンイレブン/コンビニ研究本部おにぎり調査室



「ふんわり玉子のオムライス:セブンイレブン」

 オムライスのおにぎりっつうのは一体どういう了見なんだい"(-""-)"と吼えつつ、実食してみたら(◎_◎;)


 セブンに最近並んでるオムライスおにぎり。
 まーいいけどさぁ、ちょっとやり過ぎなんじゃないのかい?!ってなことで実食してみました(^.^)



(^.^)本日の記事の見出し


👉最近のコンビニおにぎりのトリッキーさに苦言を呈してみる!


👉そもそもオムライスってどうだっけ?!


👉物は試しと購入してみる!


👉実食してみました!


👉まとめ:総合評価はいかに?!もしかしてロカボの切り札かも?!




👉最近のコンビニおにぎりのトリッキーさに苦言を呈してみる!


 オムライスでおにぎりなんか作ったのはどこのどいつだぁい!
 お前かぁ?!(にしおかすみこ風)

 そうなのだ。ちょっとやり過ぎ感を感じてしまったのだ。

 誰がこんなもん作ったんだぁ!と糾弾してやりたいような気持ちもいささか抱いてしまったのである"(-""-)"

 しかしだいたい最近のコンビニは調子に乗りすぎなのではないのか。

 そもそもおにぎりというのは和風である。
 白ごはんがベースで、具は梅干し、おかか、しゃけなどが王道だ。

 しかし近年の商品開発合戦の激化により、戦線は急拡大しており、思いもよらぬ展開を見せつつあるのだ(-_-;)

 私もツナマヨ、エビマヨの辺りまでは見て見ぬふりをしていた。
  白ごはんと海苔にマヨネーズが殊の外合っていたせいである。

 だが、これは「おにぎり道」としては正しくない!とは思いつつもついつい食べてしまう自分に、やや罪悪感を感じたりはしていたのである。

 しかしどんどんどんどんエスカレートして、遂にオムライスであるΣ(゚Д゚)

 いくらなんでもこれは捨て置けぬ!

 ここまで来たら声を挙げないと、そのうち日本のおにぎり道は寂れること必定である!

 これで黙っていてはコンビニウォッチャーの名が廃るぅぅぅ!






👉そもそもオムライスってどうだっけ?!

 オムライスは日本の料理だそうである。日本にしかない洋食なのだ。

 発祥の店は諸説あるが、有力なのは東京銀座の「煉瓦亭」と大阪心斎橋の「北極星」の両店だ。

 煉瓦亭のオムライスは1900年に作られたそうだが、ケチャップライスではなく、現在のオムライスとは異なっている。

 北極星のオムライスは、1925年に現在の商品に近いものが作られたようである。

 ケチャップライスを薄く焼いた玉子焼きでくるむように巻く料理だが、カレーやハヤシライスのソースなどをかけ、オムカレー、オムハヤシと称すなどバリエーションも豊富だ。

 オムライス専門店も数々あるし、また、ご家庭では出来上がったオムライスにケチャップで文字やハートマークを書いたりして、子供の大好きな料理だったりもするのである。

 そうなのだ!
 オムライスは夢のある「日本の洋食」の王者なのだ!







👉物は試しと購入してみる!




 オムライスは私も好きだ。だがしかし、これをおにぎり的にしてしまうのは問題である"(-""-)"

 こんなことをしていたら、そのうちどんな料理もすべておにぎり化してしまう懸念があるではないか。


 やはりおにぎりは白ごはんに海苔、という原点に回帰する日がいつか来るだろう。


 だいたいこんなトリッキーなものが美味しいはずがないのだ( `ー´)ノ

 そこでセブンで購入してみた。

 自家製ふんわり玉子のオムライス。税込140円である!

 自家製っつうのは何が自家製なんだろうな?
 たぶん玉子かな。なんか少し微妙にわかりづらいぞ(-_-;)

 しか~し!トマト1個分のリコピン入りなのだ!

 それがどーゆーことなのか、すごく良いことなのかどうかはよく知らないが、トマト1個分のリコピン!と大きなトマトのイラストと共にアピールされれば、私の心が平静でいられないことはご理解いただけると思う。


 裏はこんなですね。

 加熱時間書いてあるね。

 そうなのだ。「温めてさらにおいしい!」と表にも記載されていたのだ!

 なので、レジで温めてもらう。
 さて、食べてみるか・・・。
 まぁそんなに美味しいはずもないけどな( `ー´)ノ





👉実食してみました!




 取り出してみると・・・。

 あー、玉子がこんなにしっとりした感じなんだね。

 ひっくり返しときますね。


 鶏肉もしっかり入ってるし、何と言ってもケチャップライスの粒立ちがステキなのである。

 切るかな。


 おー、なんか、この玉子のしっとり感がすごいキてますね。
 玉子とごはんの間にケチャップがドロッと入ってます。

 しかしさぁ、そんなに美味しいはずはないよね・・・。

 所詮はコンビニの話題づくり商品に過ぎないんじゃないのかい。

 てな気持ちで食べてみると・・・。

 ん?!( ,,`・ω・´)ンンン?

 う、う、美味~い!!

 玉子の食感がしっとり滑らかで驚愕Σ(゚Д゚)
 どうして玉子をこんなにステキにしっとり作れるのか(◎_◎;)


 また、ケチャップライスも超クオリティ高し!
 鶏肉の存在感もステキ!

 つまり、とても美味しいオムライスをベリーコンパクトにした!ってな感じなのである。
 これはちょっと驚きました!!





👉まとめ:総合評価はいかに?!もしかしてロカボの切り札?!



 私はオムライスマニアではないが、結構有名店のものも食したことがある。
 日本橋たいめいけんや帝国ホテルなどにもかつて赴いたことを申し上げておきたい。

 そんな私の経験からも、この商品のクオリティは、そのコスパに比し極めて高いと言わざるを得ないのである。

 玉子、ケチャップライス共に完成度が高く、バランスも秀逸である。

 しかし、この商品のニーズはどこにあるのかを考えた時、頭に閃くものがあった。
 それは「ダイエット」「ロカボ」など、サラリーマンなど働く人たちが今取り組んでいるテーマなのであった。

 忙しく運動不足の人たちは肥満を解消するために、ロカボなどを意識し、特に炭水化物の摂取を減らしている。

 オムライスをフルに食べるのはちょっとなぁ、と感じる人もいるだろう。
 しかし普通のおにぎりでは味気ない。

 そんな時にこの「オムライスおにぎり」などは最適なのではないか(◎_◎;)

 オムライスを食した満足感、バラエティ感を味わいつつカロリーや炭水化物は控え目にする・・・正に時代のニーズに則した画期的商品と言えるのではないかと考えるに至ったのである。


 注意点は二つある。

 温かい方が圧倒的に美味いという点と、手が汚れるという点である。

 この二つに注意して是非お試しいただきたい。

 あれ?!最初の趣旨と随分変わってしまったなぁ(-_-;)

 しかし!美味いものは美味いのだ!

 オムライスのおにぎりなんて美味いわけがない!なんて言ってたのはどこのどいつだぁい?!
 あたしだよ!(にしおかすみこ風)

 前言撤回っす。

 反省してます。はい・・・<m(__)m>









0 件のコメント:

コメントを投稿